ハッピーウェディン

¥Ï¥Ã¥Ô¡¼¥¦¥§¥Ç¥£¥ó

心に残る晴れ舞台を演出する素敵な結婚式

自分の愛する人と、生涯を共に生きていくことは、お互いの幸せのために前進するという意味も含まれています。結婚は、生涯の伴侶と共に、幸せな時も、辛くて厳しい時も、ともに分かち合うということを前提として決心します。この人とならどのようなことも乗り越えられれる…そのような気持ちを持ちながら生涯の誓いを交わすのが結婚式です。挙式を取り行うためには、約半年くらい前から準備に取り掛からなければなりません。披露宴での列席者の席次表、料理、ウェデングドレスやタキシードなどの衣装合わせ、挙式のテーマなど、様々なことを考案しながら決めていくことがたくさんあります。挙式の日取りが決まったら、どのような挙式、披露宴にするのかを二人で話し合いながら、理想の結婚式を挙げましょう。また、ゲストの人数にも合わせながら、挙式や披露宴のテーマなど、自分たちの希望を取り入れましょう。二人だけのオリジナル挙式も実現できる式場も大変多く、手作りウェディングとして人気があります。また、式場のスタッフの方と、年密な打ち合わせを行いながら、計画を立てていくことが望ましいことです。理想の結婚式の晴れの日には、二人の一生の思い出に残る素晴らしい一コマを残すことができます。

披露宴は時代とともに変化するが結婚式の主旨は変わらない

結婚式に対する考え方は時代とともに変化していきました。昔は、結婚式を身内で行い、職場や友人などを加えた披露宴をどこかの式場やホテル等で行い、二次会で友人たちだけで騒ぎ、翌日はハネムーンへ出発という判で押したようなパターンが流行していました。しかし、だんだんとその披露宴の形態がゆくるなっていき、予算も含めてフレキシブルになってきます。レストランウエディングなどが行われるようになり、よりカジュアルになっていき、堅苦しい職場の上司のあいさつなどがどんどんカットされるようになっていきます。そのうち、仲人を立てるということの方が少なくなっていき、最終的には、多くの人にお披露目する式をやるべき、という考え方自体に大きな変化が生まれてきているようです。そんな中でも結構式はあげなくてもいいという人は少数派です。いろいろな理由でしない人がいるのは当然としても、時代の変化に関わらず何等かの結婚のけじめはつけたいという人が大多数を占めるのは変わりません。結婚式というのはもちろん二人にとってのゴールではありません。スタートです。そういったスタートをしっかり認識し、家族という絆をしっかり結びたいという気持ちが最近ではまた強く復活してきているようです。

check

川崎市 訪問歯科
不動産 経営
新小岩 美容室

2017/10/13 更新

 


→TOPへ

Copyright(C) 2009 ¥Ï¥Ã¥Ô¡¼¥¦¥§¥Ç¥£¥ó All rights reserved.